アラブ首長国連邦の国営航空会社

Video has no narration, no audio description

エティハド航空は、拠点となるアブダビと同じように、短期間で大きな成長を遂げてきました。 

エティハド航空は、2003 年 7 月、国王令(Emiri)によって設立されました。アブダビ政府が全額出資しており、収益を上げる企業として安全に運航することを義務付けています。

エティハド航空の経営の中心となっているのはお客様です。地理的に理想的な場所を拠点としており、6大陸にまたがる110を超える目的地(旅客および貨物)との間にネットワークを持っています。また、製造後経過年数が短く環境にやさしい航空機を120機以上保有しています。

エティハド航空は、エティハド・アビエーション・グループ(EAG)の5つある主要事業部門の1つです。この多角経営のグローバル航空・旅行事業グループには、他にエティハド・エンジニアリング、エティハド・エアポートサービス、ハラ・グループ、およびエティハド・エクイティパートナーがあります。

エティハド航空のビジョン

エティハド航空のビジョンは、アブダビと世界をつなぐ世界一の航空会社です。 

アラビア文化のおもてなしと暖かさでお客様をお迎えし、ビジネスおよびレジャーの世界有数の目的地としてアブダビの評判を高めることに努めています。

エティハド航空は、アラブ首長国連邦の価値観に端を発し、他の航空会社だけでなく世界で評価の高いおもてなし文化からヒントを得ています。 機内シェフ、フード&ビバレッジマネージャー、フライング・ナニーなど、世界トップレベルのプロダクトと革新的なサービスを数多く導入することにより、他では経験できないような旅行を実現しています。 

パートナー航空会社

エティハド航空は、グローバルの航空会社市場で競争するうえで必要な規模獲得のために、共同で成長を遂げる戦略に積極的に取り組んでいます。当社自身の成長以外に、コードシェアパートナーの強力な基盤の開発、および戦略的に重要な航空会社への投資も行い、当社の保有機では就航していない何百もの目的地にアクセスすることで、戦略を達成しています。 

パートナー航空会社について ►

エティハド航空イノベーションセンター

H.E. Mohamed Mubarak Fadhel Al Mazrouei(会長)
H.E. Ahmed Ali Al Sayegh
H.E. Mohamed Khalifa Al Mubarak
H.E. Mohamed Hareb Sultan Al Yousef
H.E. Hamad Abdulla Al Shamsi
H.E. Khalifa Sultan Al Suwaidi
H.E. Ahmed Ali Matar Al Romaithi

グループ最高経営責任者 トニー・ダグラス



トニー・ダグラス
グループ最高経営責任者
エティハド・アビエーション・グループ

最高商務責任者 ,ロビン・カマーク





ロビン・カマーク
最高商務責任者
エティハド・アビエーション・グループ

最高執行責任者,モハメド・アル・ブルーキ




モハメド・アル・ブルーキ
最高執行責任者
エティハド・アビエーション・グループ 最高人材管理・組織開発責任者, イブラヒム・ナシル






イブラヒム・ナシル 

最高人材管理・組織開発責任者
エティハド・アビエーション・グループ 最高エンジニアリング責任者, アブドゥル・ハリーク・サイード





アブドゥル・ハリーク・サイード

最高エンジニアリング責任者
エティハド・アビエーション・グループ 最高サポートサービス責任者, マナ・アル・ムッラ





マナ・アル・ムッラ

最高サポートサービス責任者
エティハド・アビエーション・グループ
最高財務責任者, マーク・パワーズ







マーク・パワーズ
最高財務責任者
エティハド・アビエーション・グループ

最高変革推進責任者, アクラム・アラミ




アクラム・アラミ
最高変革推進責任者
エティハド・アビエーション・グループ

法律顧問, ヘニング・ズール・ハウゼン





ヘニング・ズール・ハウゼン

法律顧問
エティハド・アビエーション・グループ

政府国際業務担当上級副社長 アフマド・アル・クバイシ





アフマド・アル・クバイシ
政府国際業務担当上級副社長
エティハド・アビエーション・グループ

企業業務担当副社長, アミナ・タヘル





アミナ・タヘル

企業業務担当副社長
エティハド・アビエーション・グループ

上級戦略顧問, ピーター・バウムガートナー





ピーター・バウムガートナー
上級戦略顧問
エティハド・アビエーション・グループ

上級戦略顧問, レイ・ガメル




レイ・ガメル

上級戦略顧問
エティハド・アビエーション・グループ
グループ最高経営責任者、トニー・ダグラス

トニー・ダグラス
グループ最高経営責任者
エティハド・アビエーション・グループ 

トニー・ダグラスは、2017 年 9 月にエティハド・アビエーション・グループのグループ最高経営責任者に指名され、2018 年 1 月 1 日に就任しました。

トニーには、世界中の運輸、インフラ、政府部門で20年近く培ってきたリーダーとしての経験があります。エティハド・アビエーション・グループに入社する前は、英国の国防省で防衛装備・サポート部門の最高責任者を務めていました。この部門には年間 200 億米ドル (約 2 兆円) の予算が割り当てられ、英国軍の防衛装備品の調達およびサポート業務を統括していました。

それ以前は、アラブ首長国連邦のいくつかの企業で最高幹部を歴任しています。その中でも、アブダビ空港会社とアブダビ港湾会社の最高経営責任者を務めたことは特筆に値します。アブダビ港湾会社では、ハリーファ港の運営で成功を収めました。

英国では、英国空港運営公団 (British Airports Authority) の上級職を歴任し、建設・エンジニアリング企業のレイ・オルーク (Laing O’Rourke) では最高執行責任者 (COO) を務め、グループ最高経営責任者に指名されました。英国空港運営公団で経験した役職には、ヒースロー空港第 5 ターミナルプロジェクトの最高責任者、グループ・サプライ・チェーンの責任者、グループ技術部門の責任者、ヒースロー空港最高経営責任者などがあります。

トニーは、英国ランカスター大学で経営学修士号 (MBA) を取得しています。

エティハド・アビエーション・グループ (EAG) は多角経営のグローバル航空・旅行事業グループで、アラブ首長国連邦の国営航空会社であるエティハド航空、エティハド航空エンジニアリング、エティハド・エアポートサービス、ハラ・グループ、および航空会社エクイティパートナーの5つの事業部門で構成されています。

エティハド・アビエーション・グループ(EAG)の経営構造を見る

ファクトシートと各種報告書

ファクトシートと実績

 
ファクトシートと実績

ファクトシートと実績

 

ファクトシートと実績

2015 年年次報告書 ( 英語 アラビア語 
 
ファクトシートと実績

ファクトシートと実績

 

2013 年年次報告書(英語

事実情報

2012 年年次報告書( 英語 | アラビア語 )

2012 年第 2 四半期事業報告書 ( 英語 | アラビア語 )

2012 年 5 月ファクトシート ( 英語 ) 

2011 年年次報告書( 英語 | アラビア語 )

Business review 2010 ( English | Arabic )

CSR Report 2010 ( English )