アラブ首長国連邦の国営航空会社

Video has no narration, no audio description

エティハド航空は、2003 年 7 月、国王令(Amiri)によって設立されました。2003 年 11 月に運航を開始し、民間航空史で最も成長著しい航空会社の一つとして展開しています。 

ビジョン

エティハド航空は、もっとも洗練されたアラビア文化のきめ細やかな心温まる手厚いホスピタリティーでお客様をお迎えし、東洋と西洋のホスピタリティーの文化が融合するアブダビの評判をさらに高めることを志しています。エティハドは、21 世紀にふさわしい世界的な航空会社として、今までの航空業界のサービスの概念を打ち破り、業界に新風を呼び起こすことを目標としています。

受賞実績

当社は、ワールドトラベルアワードの「ワールドリーディングエアライン賞」を 5 年連続で受賞するなど、世界の主要なプレミアム航空会社のブランドの 1 つとして不動の地位を築いた数々の賞を獲得しています。すべてを確認するには、ファクトシートおよび年次報告書をご覧ください。

パートナー航空会社

当社は、グローバルの航空会社市場で競争するうえで必要な規模獲得のために、共同で成長を遂げる戦略に積極的に取り組んでいます。 当社自身の成長以外に、コードシェアパートナーの強力な基盤の開発、および戦略的に重要な航空会社への投資も行い、当社の保有機では就航していない何百もの目的地にアクセスすることで、戦略を達成しています。

H.E. Mohamed Mubarak Fadhel Al Mazrouei(会長)
H.E. Ahmed Ali Al Sayegh
H.E. Mohamed Khalifa Al Mubarak
H.E. Mohamed Hareb Sultan Al Yousef
H.E. Hamad Abdulla Al Shamsi
H.E. Khalifa Sultan Al Suwaidi
H.E. Ahmed Ali Matar Al Romaithi



ジェームズ・ホーガン
社長兼最高経営責任者
エティハド・アビエーション・グループ




ジェームズ・リグニー
グループ最高財務責任者
エティハド・アビエーション・グループ






ケビン・ナイト

グループ最高戦略計画責任者
エティハド・アビエーション・グループ





レイ・ガメル

グループ最高人事業績責任者
エティハド・アビエーション・グループ




ロバート・ウェブ
グループ最高情報技術責任者
エティハド・アビエーション・グループ






ピーター・バウムガートナー

最高経営責任者
エティハド航空





リチャード・ヒル

最高執行責任者
エティハド航空





ブルーノ・マテウ

最高執行責任者
航空会社エクイティパートナー




ジェフ・ウィルキンソン

最高経営責任者
エティハド航空エンジニアリング

ジェームズ・ホーガン(James Hogan)
社長兼最高経営責任者
エティハド・アビエーション・グループ

ジェームズ・ホーガンは、持続可能な商業ベースで経営し、アブダビの未来経済を成功に導きながら、安全かつクラス最高の航空会社を展開するという使命の下、2006 年にエティハド航空会社の最高経営責任者に就任しました。

ジェームズ・ホーガンは、22 機で運航するリージョナル航空会社から 120 機のグローバル航空会社およびアビエーション・グループへと成長させることに成功し、現在では、航空会社 7 社とエクイティ・パートナーシップを締結し、年間合計 1 億 2 千万を超えるお客様にサービスを提供しています。2016 年 5 月、同氏は、エティハド・アビエーション・グループの社長兼最高経営責任者に任命されました。。

ジェームズ・ホーガン率いるエティハド・アビエーション・グループは、財務、戦略・計画、人事・業績、および情報・技術部門を有し、当グループの全社にわたりリーダーシップを執り、ガバナンス、戦略的指揮を行っています。

ジェームズ・ホーガンは、22 機で運航するリージョナル航空会社から 120 機のグローバル航空会社およびアビエーション・グループへと成長させることに成功し、現在では、航空会社 7 社とエクイティ・パートナーシップを締結し、年間合計 1 億 2 千万を超えるお客様にサービスを提供しています。2016 年 5 月、同氏は、エティハド・アビエーション・グループの社長兼最高経営責任者に任命されました。

コア事業である航空事業では現在、120 機の保有機を以って 112 の就航都市を結び、1850 万人のお客様にサービスを提供しています。また、さらに 178 機の航空機を発注済みです。同航空会社は過去 8 年間にわたり WTA のワールド・リーディング・エアラインに指名されており、最近では、Skytrax より、世界でもわずか 9 社に贈られる 5 つ星航空会社の一社として認められました。2016 年には、名誉あるエア・トランスポート・ワールド・エアライン・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

エティハド・アビエーション・グループの重要な戦略パートナー(エア・セルビア、エア・セイシェル、エアベルリン、アリタリア航空、エティハド・リージョナル、ジェットエアウェイズ、ヴァージン・オーストラリア)における少数株式投資戦略では、世界第 7 の巨大航空会社グループを作り出し、700 機を超える航空機で年間 1 億 2 千万人以上の乗客をおよそ 350 の都市に向けて運び続けています。この成長の最も重要な要因は同航空会社のコードシェアおよびエクイティパートナーシップにあり、2016 年には550 万人の乗客がエティハド航空のフライトで渡航を果たしました。

ジェームズ・ホーガンは現在、アリタリア航空、ジェットエアウェイズ、エアベルリン、エア・セルビアといったエクイティパートナー取締役会の副会長を担っています。

旅行・観光業界にて30年以上もの経験を有し、CEO Middle East Magazineの「アビエーション CEO オブ・ザ・イヤー」と「CAPA エアライン・エグゼクティブ・オブ・ザ・イヤー」に選出されました。ジェームズは、2013年、エアライン戦略アワードの「エグゼクティブリーダーシップアワード」を受賞し、2014年には「ブリティッシュトラベル・ホスピタリティー業界の殿堂入り」を果たしました。

2015年には、Business Travel Newsのビジネストラベル業界で「最も影響力のあるエグゼクティブ・トップ25」にランクインしました。

ジェームズは、2002年、ガルフ・エアの社長兼最高経営責任者に任命され、4年間その職を全うしました。ガルフ・エアでは、アンセット航空を買収する目的で作られたTesna Consortiumの最高責任者に就任しました。

ジェームズの経歴はアンセット航空の航空部門に始まり、以降、ブリティッシュ・ミッドランド・インターナショナル(BMI)、Hertz、Forte Hotels、ガルフ・エアの上級職を歴任しました。

BMIでは最高執行責任者として、貨物、民間部門、エンジニアリング、ハンドリング、マーケティング、業務、セールス部門を取り仕切り、また取締役会のメンバーに任命されました。

Hertzでは、13年間各種マーケティング、セールス・業務部門を率い、1995年、ヨーロッパ地区、中東地区、アフリカ地区のマーケティング・セールス副社長として経営管理委員会に参加しました。

ジェームズは、現在では、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)の実行委員会副議長を務めており、国際航空運送協会(IATA)理事会の会員です。また、王室航空協会の会員でもあります。

エティハド・アビエーション・グループ (EAG) は多角経営のグローバル航空・旅行事業グループで、アラブ首長国連邦の国営航空会社であるエティハド航空、エティハド航空エンジニアリング、ハラ・グループ、および航空会社エクイティパートナーの4つの事業部門で構成されています。

エティハド・アビエーション・グループ (EAG) の経営構造を見る

ファクトシートと各種報告書

ファクトシートと実績

ファクトシートと実績

 

ファクトシートと実績

2015 年年次報告書 ( 英語 アラビア語 
 
ファクトシートと実績

ファクトシートと実績

 

2013 年年次報告書(英語

事実情報

2012 年年次報告書( 英語 | アラビア語 )

2012 年第 2 四半期事業報告書 ( 英語 | アラビア語 )

2012 年 5 月ファクトシート ( 英語 ) 

2011 年年次報告書( 英語 | アラビア語 )

Business review 2010 ( English | Arabic )

CSR Report 2010 ( English )