妊娠中の飛行機でのご旅行

妊娠中に飛行機でご旅行される予定の場合は、安全にご旅行いただくために、次の質問の内容をご確認ください。妊娠中の飛行機でのご旅行について、お客様が知っておくべきことが記載されています。

妊娠中に飛行機で旅行するには医療診断書が必要ですか?

妊娠28週目までは、搭乗のための医療診断書は必要ありませんが、ご旅行の前にかかりつけの医師にご相談されることを強くお勧めします。

単胎妊娠

  • 妊娠29〜36週目は、搭乗のための医療診断書が必要になります。空港でチェックインする際にご提示いただきます。
  • 妊娠37週目以降は、飛行機でのご旅行は認められません。

多胎妊娠

  • 妊娠29〜32週目は、搭乗のための医療診断書が必要になります。空港でチェックインする際にご提示いただきます。
  • 妊娠33週目以降は、飛行機でのご旅行は認められません。

医療診断書の取得

妊娠の段階に応じて、搭乗の許可を受ける前に医療診断書の提示が必要となる場合があります。

お客様の利便性のために、お客様が印刷してかかりつけの医師または助産師に記入してもらうことができる診断書をご用意しました。こちらからダウンロードできます。

医療診断書の原本は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 空港でのチェックイン時に提示できること
  • 搭乗に適した健康状態である旨が記載されていること
  • 妊娠週数や出産予定日(EDD)が記載されていること
  • 単胎妊娠または多胎妊娠のいずれかである旨が記載されていること
  • 旅行に適した妊娠期間内に、担当の医師または助産師が作成し、署名していること
  • クリニックまたは病院のレターヘッドが記載されている用紙で作成しているか、押印されていること
  • 作成日から3週間の有効期間内であること
  • 英語またはアラビア語でわかりやすく記載されていること(その他の言語で作成された診断書は、エティハド航空のチェックインデスク係員による確認が必要です)
すべての有効基準を満たしている場合、旅行期間中に必要となる証明書は1通です。

妊娠中の飛行機でのご旅行についてのアドバイス

  • 旅行計画を立てる前に、必ずかかりつけの医師に相談してください。
  • ご搭乗の前に、トイレの近くの座席をリクエストしてください。
  • 搭乗中、重いものや荷物を持ち上げる場合は特に注意を払ってください。
  • フライト中は着圧ストッキングを着用の上、足を高く上げるように心がけてください。
  • 産後7日間は、飛行機でのご旅行を避けることをお勧めします。