jubail mangroves park abu dhabi

エティハドマングローブフォレストプログラム

エティハド航空では、私たちが暮らす地球を守るのに役立つさまざまな取組みを展開しており、その一環としてエティハドマングローブフォレストプログラムを開始しました。是非プログラムに参加してマングローブを植樹し、より良い地球の実現にご協力ください。

エティハドマングローブフォレストプログラムとは?

2022年2月に開始したスターエティハドマングローブフォレストプログラムは、生物多様性の保全や野生動物および環境の保護に焦点を当てたプログラムです。

このプログラムでは、マングローブ植樹を通じて生態系におけるマングローブの重要な役割を認識できる機会を提供し、エティハド航空の持続可能な運航に向けた取組みについてお客様にご理解いただくことを目的としています。 

ご存じでしたか?

マングローブの森は、鳥や水中で暮らす野生生物の生息場所であり、水質の改善や洪水の防止にも役立っています。

1本マングローブが吸収するCO2はわずか12か月で12kgに達し、一生涯では250kgを超えます

マングローブ植樹に参加するには?

eyg-miles-mangrove-img

エティハド・ゲスト・マイルを使う

エティハド・ゲスト会員の方は、特典ショップにてエティハド・ゲスト・マイルを使ったマングローブ植樹を選択できます。

エティハドマングローブフォレストの所在地は?

エティハドマングローブフォレストは、アブダビのジュベイル島にあります。エティハド航空は、この大規模自然林にマングローブを植えることで、アラブ首長国連邦の厳しい気候条件下でも水や肥料を追加使用することなくCO2吸収量を最大化できます。   

なぜマングローブ植樹か?

アブダビは、エティハド航空のハブであると同時に、マングローブ自生地でもあります。エティハド航空では、そのハブであるアブダビや、アブダビ自慢の豊かな自然環境を守ることに全力を注いでおり、エティハドマングローブフォレストプログラムも、その一環として開始したものです。

加えてマングローブは、最大で熱帯林の10倍に達する二酸化炭素を吸収するため、マングローブ植樹は、最も効果的な地球温暖化防止策の1つとなっています。

さらにマングローブは、沿岸部に生息している生物や海洋生物の保護にも役立っており、非常に多くの海の生き物、動物および鳥の生息場所にもなっています。

地球に優しいエティハド航空 地球に優しいエティハド航空

未来を見据えた取組み

エティハドマングローブフォレストプログラムは、エティハド航空、ジュベイル島、Eco Matcher社、The Storey Group、EMEGおよびアブダビ環境庁による協調プログラムで、マングローブを適切に植樹および手入れし生存させるために関係者全員が一丸となって取り組んでいます。

エティハド航空では、植樹後の未来も見据えて活動しています。それは、私たちが一丸となってマングローブの植樹や手入れに取り組めば、生物多様性を高め、沿岸部をより安全な生息場所に変え、気候変動との闘いを後押しできるという想いからです。

よくある質問