機内持ち込み手荷物として禁止されている物品について

尖った凶器および先の鋭い物

  • 斧、手斧
  • 矢、ダーツ
  • 銛、槍
  • ピッケル、アイスピック
  • アイススケート
  • ロック可能なナイフやフリックナイフ(刃の長さは関係ない)
  • ナイフ
  • 肉切り包丁
  • マチェーテ(山刀)
  • むき出しのカミソリ、刃(カートリッジ式の安全カミソリ、使い捨てカミソリは除く)
  • サーベル、刀、仕込み杖
  • 外科用メス
  • 刃が 6 cm 以上あるハサミ
  • スキー/ウォーキング/ハイキングのポール
  • 手裏剣
  • ドリル、ドリルビット、カッター、万能ナイフ、のこぎり、スクリュードライバー、バール、ハンマー、ペンチ、レンチ、スパナ、ブロートーチなど、尖って鋭利な凶器となりえる道具

先端に尖りのない物品

  • 野球/ソフトボールのバット
  • こん棒、バトン
  • クリケットのバット
  • ゴルフクラブ
  • ホッケーのスティック
  • ラクロスのスティック
  • カヤック、カヌーのパドル
  • スケートボード
  • ビリヤード/スヌーカー/プールのキュー
  • 釣り竿
  • メリケン、クラブ、こん棒、竿、ヌンチャク、クバトン、クバサントなど武道用具

その他

  • 膨らんだもの(膨らんだボール、風船などは空気が抜いてあること)

米国行きの便にのみ適用されます

16cm x 9.3cm x 1.5cmより大きい電子機器およびその付属品。ノートパソコン、タブレット、電子ブックリーダー、カメラ、ゲームコンソール、スピーカー、プリンター、他の電子製品がこれに含まれます。 これらの製品はすべて、完全にシャットダウンするか、電源を切り、出発地で預け入れ荷物にする必要があります。

新しい米国の規制では、16cm x 9.3cm x 1.5cmを超えるバッテリーパックおよび予備のバッテリーは、預け入れ荷物、機内持ち込み手荷物のいずれの場合でも持ち運びは禁じられています。保安検査で没収されることがないよう、これらの物品の持ち運びはお避けください。  

電子タバコ、電子パイプ、またはその他の噴霧器は、持ち込み手荷物にするか、または身に付けるようにしてください。これらを預け入れ荷物とすることはできません。これらの機器のサイズ制限は16cm x 9.3cm x 1.5cm以内です。

危険物および禁止物

空港内および客室内における、検査地点およびセキュリティエリアを通過してこれらの物品を持ち込むことは認められていません。

注意: 禁止されている一部の物品は、ある条件または規制の下に、預け入れ荷物として許可されている場合があります。
  • 漏れる可能性のあるウェットバッテリーなどの酸およびアルカリ物質
  • 水銀または塩素などの腐食剤や漂白物質
  • メース、ペッパー、催涙ガスなどの無力化、身体の自由を奪うスプレー
  • 医療用および商業用アイソトープなどの放射性物質
  • 毒薬
  • 感染血液、バクテリア、ウィルスなどの感染性、有害な物質
  • 自然発火、自然燃焼の可能性のある物質
  • 消火器
  • 160ワット以上のリチウム電池
  • およびガス容器(ブタン、プロパン、アセチレン、酸素など)
  • 花火、発煙筒およびその他の花火用燃焼物(パーティ用のクラッカーおよびトイキャップを含む)
  • 安全性が明らかではないマッチ
  • 煙を発生させる容器やカートリッジ
  • ガソリン、ディーゼル、ライター用液体、アルコール、エタノールなどの可燃性の液体燃料
  • エアロゾルのスプレー式塗料
  • テレビン油および塗料用シンナー
  • アルコール度数70%以上のアルコール飲料
  • ピストル、リボルバー、ライフル、ショットガン、ペレット・ガンなど
  • 銃器のレプリカや模造品
  • 銃器の部品(望遠照準器、照準器は除く)
  • おもちゃのけん銃(タイプに関係なく)
  • 石弓
  • 弓矢
  • 石矢
  • 牛追い棒、弾道伝導の兵器など衝撃やショックを与える器具
  • 牛追い棒、弾道伝導の兵器など衝撃やショックを与える道具
  • 弾薬
  • 雷管
  • 起爆剤およびヒューズ
  • 爆弾物および爆弾装置
  • 爆弾物の材料および装置のレプリカや模造品
  • 手投げ弾

リチウム電池を原動力とする小型車両

エティハドでは、リチウム電池を原動力とする小型車両の運送は受け付けておりません。これらの小型車両とは、一般的に以下のものを指します:

  • エアホイール
  • ソロホイール
  • ミニセグウェイ
  • ホバーボード