手荷物に関する規則・規制

Video has no narration, no audio description
エティハド航空の手荷物に関するガイド

機内持ち込み品 

許容量の手荷物のほかに、次の物品を無料で機内にお持込いただけます。

  • ハンドバッグ、セカンドバッグ、ポーチ
  • コート、上着、ブランケット
  • 傘、杖
  • 小型カメラ、小型望遠鏡
  • 本、雑誌(大量のお持ち込みはご遠慮ください)
  • 渡航中に必要な乳幼児用の食事
  • 乳児用のバスケット、キャリコット
  • 副木や義足等の人工補装具(これらの着用が常に必要である方)
  • ブリーフケース、ノートパソコン(ただし、他の物品の運送用に使わないことが条件です。また、ノートパソコンのご使用は、客室乗務員の許可が必要です。)
  • 携帯電話

概要

機内持込み、客室持込み、受託手荷物、カーゴ手荷物

このページに記載の情報:
機内持込みの物品
LAG および規制
ペットおよび動物の輸送
スポーツ用品
楽器
大型の器具・装置・用品
旅行のアドバイス

LAG(液体、エアゾール、ジェル類)

次の物品は、LAG に分類されています。

  • 水、飲料、スープ、シロップ、ジャム、シチュー、ソース、およびペースト
  • ソースに浸った食品または液体量の多い食品
  • クリーム、ローション、化粧品及びオイル、香水、スプレー、ジェル(整髪用および入浴用を含む)
  • 加圧容器の内容物(髭剃りクリーム、デオドラントを含む)
  • 歯磨き粉、固液混合物、マスカラ、リップグロスまたはリップクリーム、および常温で同様の堅さであるものすべてを含むペースト状のもの

ザムザムの水
お客様に適用される手荷物許容量(個あたり、または重量)に加え、受託手荷物として適切に梱包されたザムザムの水を最大5リットル携行することができます。密封されたプラスチックの入れ物に安全に梱包され、ラベル付けされ、巡礼地で一般に入手可能な保護用段ボールで覆われていなければなりません。

機内手荷物としてザムザムの水をお持ち込みになりたい場合は、透明でジッパーの付いたプラスチックのコンテナまたは袋で最高 100 ml までお持ち込みになれます。

LAG

各空港には、お客様がお持ちいただける LAG の容量制限に異なるセキュリティ規制が設けられています。旅程に含まれる空港の規制をご確認ください。 

制限は、客室持込手荷物にのみ適用されます。受託手荷物に液体、エアゾール、およびジェル類を入れことは可能です。

免税品の購入

  • 空港館内の店舗または機内で購入した LAG 商品は、液体物の免税品を入れる特別な袋(STEB)に入れて持ち運んでください。通常、これらのバッグは LAG 商品を購入した店舗より提供されます。
  • 没収されないためにも、液体物の免税品が入っている特別な袋は、セキュリティチェックを通過するまで開封しないでください。
  • 2 つの空港をまたがって乗り継ぐ場合、乗り継ぎの最後の空港で最終セキュリティチェックを受けるまで開封しないでください。

空港の規制:

アラブ首長国連邦 

アラブ首長国連邦の空港に渡航(乗り継ぎを含む)するお客様は、次の規制に従う必要があります。
  • 要領すべての液体、エアゾール、およびジェル(LAG)製品は、開閉可能なプラスチック製の透明な袋に入れ、最大 1 リットルの容量をお持ち込みいただけます。
  • 容器の内容物は、100 ミリリットル以下である必要があります。
  • それぞれのお客様は、上記に該当する袋を 1 つのみお持ち込みいただくことができ、セキュリティチェックでは、機内手荷物検査を別途受ける必要があります。
  • 医薬品、乳児用ミルク、ベビーフード、および食事療法が必要な方の食品、またはその他の医療上の配慮に関しては、例外が認められる場合があります。
  • 主要な国際空港のほとんどの免税店は新しい規制に従っていますが、他の空港で購入した商品が新しい要件を満たしていない場合、購入した品はアブダビ国際空港から出発する際に没収される場合があります。
  • 空港ではジャケットやコートを脱ぎ、これらの検査を受けてください。
  • ノートパソコンやその他大型の電子機器は取り出して検査を受けてください。

ヨーロッパ

ヨーロッパ圏内の空港から出発またはお乗り継ぎのお客様は、2006 年 11 月 6 日に施行された新しい EU 機内手荷物に関する基準に従っていただく必要があります。

これらの規制は、次のお客様がお持ちの機内持込手荷物に適用されます。

  • EU 圏内の空港を通過するお客様
  • EU 圏内の空港からご出発のお客様
  • トロント/ブリュッセル発着のお客様

新しい規制により、以下の項目に従ってください。

  • 液体、ジェル類、ペースト、加圧容器は、開閉可能なプラスチック製の透明な袋に詰め、最大 1 リットルの容量をお持ち込みいただけます。
  • 容器の内容物は、100 ミリリットル以下である必要があります。
  • セキュリティチェックでは、他の機内への持ち込み手荷物と別にこれらの携行品の検査を受ける必要があります。
  • EU 圏外の免税店または機内販売で購入した免税品は、機内への持込み手荷物として認められません。

オーストラリア

オーストラリア政府によるセキュリティ制限に基づいてオーストラリア行きの便でお客様が機内にお持ち込みいただける LAG の容量が制限されます。 これらの制限は、受託手荷物には適用されません。

通常、お客様の機内持ち込み手荷物として許可されている LAG は、次のとおりです。

  • 100 ミリリットル以下の容器に入った LAG。これらを開閉可能な透明なバッグにいれ、バッグが閉じられていること。開閉可能な透明なバッグの 4 辺の合計寸法が 80 cm 以下であること(例 20 x 20 cm または 15 x 25 cm)。
  • これらの制限を満たさない LAG は、機内持ち込み手荷物として認められません。

アブダビを経由してオーストラリア行きの便にお乗り継ぎのお客様で、機内持ち込み手荷物に制限を満たさない LAG が含まれる場合、お乗り継ぎの手続きまたは搭乗ゲートにて、アブダビ空港当局より没収される場合がございます。

そのため、許容量を超える LAG の免税品は、アブダビ発オーストラリア行きの機内でご購入いただくことをお勧めいたします。

より詳しい情報
 ►

米国

ニューヨークに渡航されるお客様は、米国行きの便に適用される新しい機内手荷物の基準に従っていただく必要があります。

  • 液体、ジェル類、ペースト、加圧容器は、開閉可能なプラスチック製の透明な袋に詰め、最大 1 リットルの容量をお持ち込みいただけます。
  • 容器の内容物は、100 ミリリットル以下である必要があります。
  • セキュリティチェックでは、他の機内手荷物とは別にこれらの携行品の検査を受ける必要があります。

アブダビ発米国便にてすべての電子機器の持ち込み可

米国、英国、カナダ行きの電子機器の取り扱い

アブダビ国際空港発米国行きの便では、機内にすべての電子機器をお持ち込みいただけるようになりました。

予備の(固定されていない)電池、パワーバンク、電子タバコ、電子パイプ、またはその他の噴霧器は、持ち込み手荷物にするか、またはポケットやお手持ちのバッグに入れるようにしてください。これらを預け入れ荷物とすることはできません。

動物・ペット

ペットの安全性と満足ゆく状態を考え、動物は(アブダビ-米国間でのみ許可される盲導犬を除き)キャビンにお連れいただけません。エティハド・カーゴチームが、お客様のペット、馬、その他の動物の輸送の手配をいたします。詳しくは弊社までお問い合わせください。

盲導犬

盲導犬
アブダビ-米国間の便でのみ、盲導犬をキャビンにお連れいただくことができます。また、盲導犬は、預け入れ荷物として空調の効いた貨物室にて無料でお預かりいたします。渡航審査が効率的に進むよう、すべての必要書類と許可証を事前にご取得ください。 

ペットのパスポート

ハヤブサ
メインキャビンにハヤブサをお連れいただくプロセスを新しい価格設定に含めて簡素化しました。

ハヤブサを預け入れ荷物としてお預けすることもできます。渡航審査が効率的に進むよう、すべての必要書類と許可証を事前にご取得ください。 

  • 預け入れ荷物として動物、鳥類の輸出/輸入を禁止している国もございます。詳細は、該当国の大使館にお問い合わせください。
  • 預け入れ荷物として動物や鳥類の輸入を認めない国を経由する場合は、カーゴ(積荷)扱いでの運送となります。
  • お預かりするペットは、到着後、カーゴターミナルにて、輸入関連書類、健康証明書などを作成後、地元の獣医師による検査を受けなければなりません。ペットの飼い主にあたるお客様は、これらの規定を事前に理解している必要があります。

楽器・機材

ギター

キャビン持ち込み手荷物として許可される寸法以内に収まる楽器(小さいフルートやバイオリンなど)は、キャビン手荷物許容量の一部としてお持ち込みいただけます。

頭上の棚に収まらない楽器(コントラバスまたはチェロなど)、または持ち込み手荷物として許容される寸法や重量を超過する場合は、追加のシートをご購入いただくこともできます。出発空港で事前の手配を行ってください。預け入れ荷物許容量の一部として楽器をチェックインすることも、または超過荷物許容量を追加でご購入いいただくこともできます。楽器は、移動に耐えられるよう、頑丈に梱包されるようにしてください。

撮影機材

カメラ、フィルム、照明、音響などの機材は、預け入れ荷物としてお預かりできます。預け入れ荷物許容量を超過する場合は、該当する超過料金が適用されます。

大きいサイズのものは、出発空港にて事前の手配をお勧めいたします。

空港で車椅子をご利用のお客様

車椅子、医療関連器具・機器、補助器具、および歩行器を輸送する必要がある場合は、医療情報のページをご覧ください。

標準の持ち込み手荷物許容量以外に、杖、折り畳みの杖、補助器具や装具の使用、お持ち込みは可能となっております。これらの器具をご利用の場合。

リチウム電池を原動力とする小型車両およびバッグ

リチウム電池を原動力とする小型車両

が安全および保安上の理由から、リチウム電池を原動力とするあらゆる小型車両のお持ち込みが制限されています。小型車両にはレジャー用、業務用または半業務用のすべての製品が含まれ、一般的にエアウィール、ミニセグウェイ、ホバーボードやソロウィールなどと呼ばれる乗り物が含まれます。上記の製品は受託、機内持ち込みいずれの場合でも輸送することはできません。

スマートバッグは、リチウム電池、モーター、モバイルバッテリー、GPS、GSM、Bluetooth、RFID、Wi-Fi機能を搭載しているもので、受託手荷物、機内持ち込み手荷物の両方に該当します。

スマートバッグを持参してご旅行される場合は、必ずチェックインカウンターの係員に申告してください。

以下の条件を満たしている場合、リチウム電池一個を使用するスマートバッグをご旅行に携帯することができます。

  • リチウム電池一個が原動力である場合。ワット時定格量が100Wh未満でなければなりません。
  • ワット時が100Wh~160Whのリチウム電池一個を使用するスマートバッグは、エティハド危険物担当者の事前承認が必要です。
  • 内蔵されているリチウム電池およびモバイルバッテリーは取り外した上で、ショートしないよう個別に梱包してください。取り外した電池とモバイルバッテリーは、必ず機内持ち込み手荷物か身の回り品の中に入れてお運びください。受託手荷物には絶対に入れないでください。
  • スマートバッグを機内持ち込み手荷物として使用される場合は、重量・サイズ共に手荷物許容量の範囲内でなければなりません。
  • スマートバッグを充電装置として使用したり、飛行中にバッグを充電したりすることはできません。

お客様のスマートバッグの電動力がワット時定格量が160Whを超えるリチウム電池である場合は、機内持ち込みも預け入れもすることができません。

皆様の安全のため、電池もしくはモバイルバッテリーがバッグ本体から取り外せない場合は、バッグの運送をお受けできません。リチウム電池とモバイルバッテリーが取り付けられたり内蔵されているスマートバッグは、受託手荷物または機内持ち込み手荷物いずれでもお持ち込みいただくことができません。

スポーツ用品

お客様の航空券が2017年6月1日以降に発券されている場合、スポーツ用品は手荷物許容量の範囲内であれば、受託手荷物としてお預けいただけます。手荷物許容量を超えるスポーツ用品については、追加手荷物を購入することも可能です。お荷物はしっかりと保護し、適切に梱包されるようお願いいたします。

スポーツ用品の重量や長さが制限を超える場合は(カヤック、ストック、3mを超えるサーフボードなど)、エティハド・カーゴをご利用になり貨物として輸送することができます。

他の航空会社への乗り継ぎまたは他空港を経由する場合

エティハド航空が定める手荷物許容量は、エティハド航空が運航するフライトとアブダビ航空を利用する旅程にのみ適用されます。エティハド航空でお持ち込みいただける物品が、他の航空会社では認められない場合があります。お乗り継ぎになる航空会社が運送を許可しているか、また追加料金が適用されるかなど、必ずご利用される航空会社にご確認ください。他の航空会社や他の空港でお客様のスポーツ用品を持ち込めない場合があっても、エティハド航空では責任を負いかねます。 

スポーツ用の武器

空気銃、ピストル、ペイントボール銃、弾薬(空気銃用やペイントボール用の弾も含む)、軍事用武器のレプリカ、刀・剣、銛、その他武器に分類される物品を含むスポーツ用の武器は、機内持ち込み、受託手荷物いずれでもお預かりすることができません。エティハド・カーゴがそれらの物品の輸送をお手伝いいたします。ご旅行の少なくとも7日前までに、必要な承認と許可を忘れず取得するようにしてください。 

下記の物品については特別に許容量を設けております。

2017年6月1日以降に発券された航空券をお持ちのお客様は、ゴルフ用具を通常の預け入れ荷物の許容量の一部としてお預けいただけます。もしゴルフ用具が無料の許容量の範囲で無い場合、超過料金のお支払いが必要です。(例:無料の許容量が23kgの荷物2個までで、ゴルフ用具を3個目の荷物としてお持ちの場合、超過料金がかかります)

ゴルフクラブとゴルフシューズ一足の入ったゴルフバッグ1個をゴルフ用具一式とみなします。ゴルフ用傘を別にお持ちの場合は、追加の荷物と見なされ、超過手荷物料金のお支払いが必要な場合があります。

2017年6月1日より前に発券された航空券をお持ちのお客様は、預け入れ荷物の許容量に加え、ゴルフ用具を無料でお預かりいたします。ゴルフ用品一式の重量が15kg以下であれば、預け入れ荷物として無料でお預かりします。

ゴルフボールとゴルフクラブ

2017年6月1日以降に発券された航空券をお持ちのお客様は、ダイビング用品を通常の預け入れ荷物の許容量の一部としてお預けいただけます。もしダイビング用品が無料の許容量の範囲で無い場合、超過料金のお支払いが必要です。(例:無料の許容量が23kgの荷物2個までで、ダイビング用品を3個目の荷物としてお持ちの場合、超過料金がかかります)

ダイビング用品一式に含まれるものは次のとおりです。

  • スキューバレギュレータ
  • タンクハーネス
  • タンク検圧計(圧力に敏感な装置は特別な梱包が必要です。メーカーにお問い合わせください)
  • フェイスマスク、フィン、シュノーケル
  • 浮力調整装置(BCD)
  • 重量ベルト
  • シリンダータンク(チェックイン時に空の状態でご提示ください)

ダイビング中、旅行中のお客様の健康と安全のために、保安検査がしやすいTSAロックを使用した、ハードシェルもしくは緩衝材を使った特別なケースにダイビング用品をお入れいただくことをお勧めいたします。また、必ず各用品を乾燥させてください。飛行機での輸送によるダイビング用品の故障に関しては、弊社では責任を負いかねますので予めご了承ください。

  • 水中銃と銛はスポーツ用武器とみなされ、特別な許可無しではお預かりも機内持ち込みもできません。乗り継ぎ地を含むご旅行に関係する全ての国から、少なくともご旅行の7日前までに必要な許可を取得する必要があります。

2017年6月1日より前に発券された航空券をお持ちのお客様は、預け入れ荷物の許容量に加え、スキューバダイビング用品一式を無料でお預かりいたします。スキューバダイビング用品一式は重量が15kg以下であれば、預け入れ荷物として無料でお預かりします。

スキューバダイビング用品

スキー用品は、通常の受託手荷物許容量の一部としてお持ち込みいただけます。重量が受託手荷物許容量を超える場合は、超過手荷物料金を申し受けます。

スキー用品には次のものが含まれます。

  • スキー板一式、ストック一式、スキー靴一足、または
  • スノーボード一つ、ブーツ一足

水上スキー用品には次のものが含まれます。

  • 標準の水上スキー板一式、または
  • スラローム水上スキー板一つ
空港の受託手荷物エリア

サーフボードは、長さが3m以下であれば受託荷物許容量の一部としてお持ち込みが可能です。

サーフボードをお持ちになる際は、以下の注意事項をお守りください。

  • フィンは必ず取り外してください。取り外せない場合は、発泡スチロールで固定して梱包してください。
  • ノーズおよびテイルは、エアクッションやネオプレンフォームを付けて保護してください。
  • レール(ボードの側面)は、衝撃が緩和されるよう側面の下に段ボールを付けてください。
  • ボードは、適切なパッド入りのサーフバッグに入れてください。

注:名古屋出発便では長さの上限は150cmとなります。

サーフボード

モーターが付いていない自転車は、認められた自転車用バッグに入っており、弊社指定の大きさおよび重量制限を満たしている場合に、預け入れ荷物許容量の一部としてをお持ち込みいただけます。

自転車をお運びになる際は、以下の注意事項をお守りください。

  • 認められた保護ケースまたはバッグに入れてください。
  • ペダルは取り外すか、内側に向けて固定してください。
  • 操作レバーは横向きに固定してください。
  • 損傷のリスクを減らすよう、タイやは空気を抜いてください。

スケートボード、クリケット用具、ラグビー用具を含め、ほとんどのスポーツ用品はお預かりすることができます。安全に梱包され、重量・サイズが手荷物許容量の制限以内でなければなりません。

棒高跳びのポール、カヌー、カヤック、3mを超えるサーフボードなど大型のスポーツ用品については、エティハド・カーゴが輸送をお手伝いさせていただきます。特定の手配が必要となる場合もございますので、貨物のご予約は十分な時間をみてお願いいたします。

安全上の理由から、輸送が制限されているスポーツ用品があります。例えばスポーツ用の武器、アーチェリー用品、もり・やりなどは制限されるスポーツ用品となります。お持ち込みになりたい物品が記載されていない場合は、お持ち込みが可能かどうかお問い合わせください。

スポーツ用品は、お客様の航空券に記載されている手荷物許容量の一部としてお持ち込みいただけます。

手荷物許容量を超えるスポーツ用品の輸送については、追加手荷物をご購入ください。 

各種スポーツ用品

アドバイス

楽しく旅行するための手荷物に関するアドバイス

  • 手荷物は少なめにご準備ください。
    荷物は軽め・少な目を心がけ、負担の少ない快適なご旅行にしましょう。
  • 不要なタグははずしてください。
    手荷物に付いたままになっている、過去に利用した航空会社のタグは取り外しましょう。
  • 手荷物に名札をつけてください。
    出発地だけでなく目的地の連絡先を荷物に明記しておきましょう。この情報のコピーを手荷物の中にも入れておくとよいでしょう。手荷物が紛失した場合でも、エティハド航空が迅速に追跡する上での手がかりとなります。
  • 手荷物に目印をつけてください。
    コンベヤ上でご自身の手荷物をすぐに見分けられる自信がない方は、カラフルなタグや明るい色のラベルをつけるなどして、簡単に見分けられるようにしておくとよいでしょう。
  • 手荷物に鍵をかけてください。
    受託手荷物は必ず鍵をかけましょう。ただし、空港のセキュリティが中を確認する場合がありますので、鍵は身近に携帯しておいてください。
  • 手荷物の付属品をしっかり固定してください。
    手荷物から飛び出した手持ち部分やストラップの端を動かないように固定しておきましょう。
  • 手荷物から目を離してはいけません。
    手荷物から離れることなく、他人の荷物や梱包物を決して運ばないようにしましょう。
  • 医薬品を準備してください。
    医薬品を携行する必要のある方は、持込み手荷物の中に入れ忘れることのないようにしましょう。また、医薬品は購入または処方時の袋や容器にいれたまま、処方箋と共に携帯するようにしましょう。
  • 問題は直ちに報告してください。
    手荷物や中身の紛失、遅延、損傷などがあった場合は、空港を出る前にご報告ください。