人々、地域社会、地球への付加価値の創造

Video has no narration, no audio description
Etihad Together(エティハドと共に)のロゴ

エティハド航空は、世界最高の航空会社になる取り組みと並行し、企業の社会的責任への総体的アプローチをとっています。  

弊社の取り組みはすべて、人々、地域社会、そして地球に、付加価値を創造することに主眼を置いています。弊社のアジェンダは、事業および運営のあらゆる側面を対象とする取り組みのプログラムを結束して実現できるよう、エティハド・アビエーション・グループのレベルで調整されます。

すべての取り組みが、エティハドの「共に」の枠組みの中で実施されます。

共に成長する
「アブダビ2030」のビジョンをサポートします。

共により優しい環境に
環境に与える影響を最小限に抑えることをお約束します。

共に働く
多様性のある従業員の能力開発や健康・安全を実現します。

共に支援する
慈善活動および人道援助に貢献します。

「共に」の枠組みや取り組みに関する詳細については、2010年以降に公開されている定期報告書をご覧ください。

2010 | 2011 | 2012 | 2013 | 2014-15

エティハドと共に

エミラティゼーション

アブダビ2030のビジョンを支えるエティハド航空の中核となる任務搭乗者数と貨物量の増大による確かな実績が、エティハド・アビエーション・グループの長期成長戦略の強さを強調しています。この成長戦略は、拠点のアブダビが持続可能な経済成長を遂げるうえで、重要な役割を果たしています。

アラブ首長国連邦の将来への意義深く、かつ継続的な貢献を行うためには、エミラティゼーションは、弊社にとって極めて重要です。3,000人以上ものアラブ首長国連邦の国民が、弊社の運営部門および商業部門でキャリアを築いています。パイロット研修生、エンジニア、大卒マネジャー向けの事業計画はすべて、首長国の航空業界リーダーの将来世代を育成する助けになっています。すべての従業員が女性で運営、管理されている地域発のコンタクトセンターである、当地域初のアルアイン コンタクトセンターもその例に漏れません。また弊社は、若者の育成を推進する複数の取り組みもサポートし、STEMフィールドで働く若者や学生に希望を与えています。

弊社は、観光セクターの開発をサポートするほか、航空会社のホスピタリティーの価値やチームスピリットと一貫した一連のイニシアチブのスポンサーになることで、アブダビにビジターを呼び込む支援をするとともに、世界を一つにする役目を果たしています。現在は、さまざまな地元の文化や遺産のほか、世界中の食べ物、ファッション、サッカーイベント等のスポンサーになっています。

共に支援する

弊社は、いつどこであろうと可能な限り、運営における環境への影響を最小限に抑えられるよう努めています。

航空機の高効率化を目指し一丸となって努力したおかげで、2006年以降、弊社の全保有機でCO2排出量を24%削減できました。さらに、弊社は廃棄物の削減およびリサイクルの取り組みの達成も目指し、飛行中や地上での廃棄物を転用しています。弊社は、業界のパートナーと協力して、持続可能な航空燃料とエネルギー効率をさらに研究しています。私たちは、持続可能バイオエネルギー研究コンソーシアム(Sustainable Bioenergy Research Consortium、SBRC)の共同設立者の一社であることを誇りに思います。この機関は、クリーンな代替燃料供給を生み出すことを約束する技術を開発することによって、持続可能な事業慣行に対する航空業界の取り組みの推進を専門とする機関です。弊社は、SBRCのパートナーであるカリファ大学、ボーイング、ADNOC、サフラン、GE、BAUER Resourcesと共に、アラブ首長国連邦の海水工場で作られた燃料を使った世界初のフライトを2019年1月15日に開始しました。また、Tadweerとの間で、「メガ廃棄物から燃料へ」プロジェクトで協力する覚書を締結しました

人身売買は現代奴隷制に不可欠な要素であり、航空会社が大人や子供を搾取する潜在的なルートを提供している場合があります。現代奴隷法(2015)の第54条(1)に従い、エティハドは、いかなる事業においても人身売買および現代奴隷制を容認せず、サプライチェーンのいかなる場所においてもその発生を防止し、万が一発生した場合には排除するための対策を講じます。弊社は、エクイティ・パートナーの5社と共に、野生生物連合・輸送に関するタスクホース宣言(United for Wildlife Transport Taskforce Declaration)の調印者です。つまり、弊社が違法な野生生物の取引を防止する行動の特定と実施に専心していることを意味します。この宣言には、動物福祉と保全ポリシー(Animal Welfare and Conservation Policy)が含まれます。これには、野生生物に関連する厳格な貨物協定と、野生生物に関する政策が関係する休日の活動を統制する組み込みが取り入れられています。エティハドは持続可能な開発目標の推進に尽力しており、国連グローバル・コンパクトに調印しています。

エティハドは、最新の環境問題に積極的に取り組んでいます。2019年4月のアースデーを記念して、エティハドは、使い捨てプラスチック製品を使用せずにこれまでで最長のフライトを運航し、2022年までにエティハド全社で使い捨てプラスチック製品の使用量を80%削減することを約束しました。

弊社のポリシーは、こちらからダウンロードできます。

詳細については、sustainability@etihad.aeまでご遠慮なくお問い合わせください。

医療

弊社のようなダイナミックな企業では、有能かつ積極的に関与する従業員を確保することは極めて重要です。

弊社には、パフォーマンスを管理し、それに応じた報酬を与えるプログラムをはじめとする、弊社スタッフへの受賞歴を誇るトレーニングと人材育成イニシアチブがあります。

弊社は、充実したトレーニングプログラムに誇りを持っており、オンライン、対面式、またブレンドした学習を通じて、スタッフがスキルを開発するのための革新的な学習プラットフォームを有しています。また、有数の複数の教育機関と協力して、弊社スタッフに最高のトレーニングを提供しており、結果として、お客様に最高の経験を提供できるようにしています。

弊社はスタッフが万一病気になった際には、充実した医療設備を提供しているほか、予防医療にも尽力しています。また、習慣的に健康的な日々をおくることや、スポーツイベントを通じた、健康的かつ活動的なライフスタイルを奨励しています。エティハド航空メディカルセンター、弊社スタッフ専用の施設、

共に環境に優しく

弊社は、真のグローバル企業として、災害時などに、アラブ首長国連邦の拠点および弊社ネットワーク全体において支援地域社会や慈善活動の取り組みに積極的に関与しています。

主要パートナーであるEmirates Red Crescentをはじめとする、複数の地元や国際的な慈善活動を支援しています。

スタッフの慈善活動への取り組みを認識し、地元および国際的な地域社会で積極的に関与する機会を与える複数の企業ボランティアプログラムを設けています。弊社スタッフは、自らにとって意義深い大義のために基金を募り、意識向上を図るために定期的に集まり、また、自主的に地元の慈善事業のボランティア活動のためのイニシアチブをとっています。

支援的な救済と復興の取り組みに尽力して、災害のあった地域社会を励まし、また、自分たちの資産を寄付するほか、擁護および意識向上を通じて弊社のお客様と積極的に関与しています。

援助活動について

エティハド航空ボランティア スタッフ

エティハド航空は、日頃より、地域および国際的な慈善活動にパートナーシップを結んで参加しています。エティハド・ゲスト会員の皆様は、関心のある活動にマイル数を寄付することができます。

マイルの寄付について詳しくは、エティハド・ゲスト Web サイトをご覧ください。