フライトに

ゴルフ用品とスポーツ用品

を携行できます

さまざまなスポーツを楽しむ休暇を計画していますか?多彩な手荷物ポリシーによって必要なすべての用品を携行できます。重量が 32kg 未満で、300cm 以下であることを確認してください。ほとんどのスポーツ用品は手荷物許容範囲となります。ゴルフクラブを携行する場合、受託手荷物許容に加え、ゴルフバッグ 1 つを無料でお持ちいただけます。

ゴルフクラブ

15kgまでのゴルフ用品一式を無料でお預けいただけます。これは、手荷物許容量に加えてお預けいただける品です。ゴルフ用品一式には、ゴルフクラブ、ボールおよびゴルフシューズ1足が含まれます。ゴルフ用傘を別途お預けいただく場合は、追加手荷物としてカウントされるため、追加料金が発生します。

スキューバダイビング用品

スキューバダイビング用品は、寸法が300cmまでのものに限り、手荷物許容量に含めることができます。スキューバダイビング用品一式には以下のものが含まれます。

  • スキューバレギュレータ
  • タンクハーネス
  • タンク圧力計(感圧装置については、特殊梱包が必要となる場合があります。必要な特殊梱包については、メーカーの指示に従ってください)
  • フェイスマスク、フィンおよびシュノーケル
  • 浮力調整装置(BCD)
  • ウェイトベルト
  • シリンダータンク(中身は空にしておき、チェックインの際に提示して検査を受けてください)

水中銃および銛は、許可なく受託手荷物または機内持ち込み手荷物とすることができません。これらについては、ご出発の7日前までに、訪問先または乗継地点となるすべての国から必要な許可を得てください。お客様の健康と安全のため、弊社では、ダイビング用品は堅いまたはパッド入りのケースに入れてお持ちいただくことをお勧めしています。お客様が弊社便をご利用中であっても、弊社は、お客様の用品について責任を負いません。

スキー用品

スキー用品は、寸法が300cmまでのものに限り、手荷物許容量に含めることができます。スキー用品には以下のものが含まれます。

  • 一組のスキー
  • 一組のスキーストック
  • 一組のスキーブーツ
  • 1枚のスノーボード
  • 一組のブーツ
  • 一組の標準的な水上スキー
  • 1枚のスラローム水上スキー

サーフボード

  • サーフボードは、寸法が300cmまでのものに限り、手荷物許容量に含めることができます。
  • フィンは、必ず取り外しておくか、発泡スチロールで梱包しておいてください。
  • ノーズおよびテイルには、保護用のエアクッションまたはネオプレンフォームを取り付けておいてください。
  • 衝撃を吸収できるよう、レールの両側は段ボールで挟んでください。
  • ボードは、適切なパッド入りのサーフバッグに入れてください。

自転車

自転車は、寸法が300cmまでのものに限り、手荷物許容量に含めることができます。自転車は、保護ケースまたは輪行箱を使って慎重に梱包してください。ペダルは、ご出発前に取り外すか、内側に固定してください。傷が付かないよう、ハンドルバーは横向きに固定し、タイヤは空気を抜いておいてください。追加部品の携行が必要な場合には超過手荷物をご購入ください。