travel with pets etihad

ペット連れの

このページでは、訓練済み介助動物、隼、猫、犬を連れてエティハド航空便を利用するお客様に把握しておいていただきたいすべての情報をご確認いただけます。

介助動物またはペットを連れて渡航する方は、ご出発前に必要書類がすべて揃っているかご確認ください。

介助動物とは?

訓練済み介助動物とは、身体障害、感覚障害、精神障害、知的障害または心の病を抱えている人を介助できるよう訓練された、血統や種類は問わない犬をいいます。 

お連れになる介助動物は、公共の場でも適切に振る舞える動物でなければなりません。唸り声を上げる、噛み付く、飛び付く、機内の備品などに傷を付けるといった攻撃的な行動を示している介助動物は機内にお連れいただけません。

感情支援動物、癒しの動物、伴侶動物、訓練中の介助動物は、介助動物としてみなされません。

service animal onboard etihad airways

訓練済み介助動物に適用される規則 

訓練済み介助動物は、どのエティハド航空運航便の機内にも無料でお連れいただけるほか、受託手荷物許容量に加えて貨物室でお預かりすることもできます。 

  • 米国発着便においては、訓練済み介助動物を2頭までお連れいただけます。 
  • 機内にお連れになる犬は、お客様ご自身の座席スペース内に座らせ、常時ハーネス、革ひも、鎖でつないでおく必要があります。
  • 出発地よっては適用される規則が異なる場合があるため、ご出発前には必ず適用規制をご確認ください。 
  • 空港でスムーズにお手続きいただけるよう、訓練済み介助動物のお連れの際には、必要な許可と書類が揃っているかご確認ください。

ご予約方法

訓練済み介助動物をお連れになる方には、ご予約便出発予定時刻の48時間前までに弊社までお知らせいただくようお願いしております。

どの便にお連れいただく場合でも、 生動物機内同伴予約フォームを完成させてください。

米国発着便にお連れいただく場合は、 米国運輸省介助動物空輸申請フォームと 米国運輸省介助動物排泄訓練済み証明フォームも完成させてください。

その他すべての便にお連れいただく場合は、訓練済み犬機内同伴予約フォームも完成させてください。

お連れの犬が適切に振る舞えない場合は、同伴をお断りするか、追加料金のお支払いと貨物室でのお預かりをお願いすることがあります。

出発地と目的地の法的要件と禁輸措置にも従う必要がございます。

動物アレルギーをお持ちのお客様と動物をお連れのお客様の優先劣後

動物アレルギーをお持ちの方と、訓練済み介助動物をお連れの方が同一便の利用をご希望の場合、ご予約の時期に関わらず、訓練済み介助動物をお連れの方が優先されます。アレルギーをお持ちの方は、ご搭乗前に医師の診断書をご提出ください。

訓練済み介助動物をお連れの方とペットをお連れの方が同一便の同一クラスの利用をご希望の場合、ご予約の時期に関わらず、訓練済み介助動物をお連れの方が優先されます。

ペット連れの旅に関する重要な情報

Flight Search panel loading...